About

〜しだのすみか はシダ植物専門の小さな植物園〜

2019年1月に、吉野山に住み着いたシダ植物好き女子 “シダジョ” 。住みはじめた自宅の庭に偶然たくさんのシダが自生していたので、それらに手づくりの看板をつけたりして整え、シダ園を営んでいます。

このブログHPは、しだのすみか に暮らすシダジョの日記として、シダ植物にまみれる生活を綴っています。シダ植物の写真や絵、シダっぽいモノ、シダにまみれるイベントなどなど、シダ植物で遊ぶ毎日をお送りします。

IMG_1545.JPG

ところで、シダ植物って?

シダ植物は、維管束をもった陸上植物の中で、胞子による繁殖を行う植物です。4億年以上前の古生代石炭紀ごろから地球上におり、現在、地球上には1万2,000〜1万5,000種ほどいるだろうと試算されています。ちなみに日本には、724種のシダ植物が住みついているとされています。(「日本産シダ植物標準図鑑」学研(2017)より)

胞子のう
シダ植物かどうかは、胞子のうがあるとわかりやすいですね〜

 

なぜ吉野?

大きな布のように桜でおおわれる吉野山は、言うまでもなく、桜の名所。そして、吉野は山岳信仰のはじまりの地と言われ、熊野へ詣る大峯奥駈道のスタート地点であり、紀伊半島の山々へ入口とされています。古く昔から、人びとが信仰する山々には、豊かな自然があり、たくさんの種類のシダ植物が自生しているのです。30分ほど車を走らせれば、たくさんのごきげんなシダ植物たちに会えるので、吉野に引っ越ししてきました。

遠くに金剛山と葛城山が見えるワラビ畑

 

ごきげんなシダたち

このブログHPではごきげんなシダたちの様子を紹介します◎だんだんとシダに目が慣れてきたら、日常生活で「あ!これはシダだ!」と小さな発見があったり、「これね、シダなんだよ!」と誰かとの会話のネタ(胞子)になるかもしれません。いつもの暮らしに、ほっこりした豊かな時間 が流れるといいなあと願って、発信しています。

IMG_0695.JPG

 

◎しだのすみかの住所は公開しておりません。来園希望の方は、イベントにお申し込みいただくか、DMにてお気軽にお問い合わせください。

◎Instagram :@kinoshida_mamire もぜひフォローしてみてくださいね。

▲登場するシダ植物について、図鑑とにらめっこして同定し、正確な情報発信を心がけていますが、多種多様な種類のあるシダ植物なので、間違うこともあります。お気付きの際は、問い合わせフォームより、ご指摘いただけますとたいへんありがたいです。

lrg_dsc01794-1